website 右肩上がり


Travel - Individual Archive -

Home > Travel > 2009年 イサーンとラオス

いきなりクライマックス。ワット・プー@チャムパサック その2


コメント (14)  >


21 Sep 2009 Part-2


ガイドの実家 写真

いきなりガイドの実家に連れてこられ、「え?え?え?え?」状態のオレ(笑)

とりあえず家の前で家事をしていた彼の姉さんにご挨拶。
「あら、ドコの人連れてきたのー」って感じで笑ってました。

どうやらここは米農家のようです。
彼は混乱気味のオレにかまうことなくスタスタと家に(笑)


「メシの準備するから家に上がってゆっくりして」と言われたのでなまらオープンエアーなお家にお邪魔しました。


数世帯同居しているようでしたが、どういう関係なのかはよくわかりませんでした。親は別な場所住んでると言ってた気はするのですが・・・詳細は不明。
色々説明してくれましたがラオ語が全然わからんし。
米畑は姉さんのだ、ってのはわかりました。


家に上がったら気をつかってくれたのか「エアコンだよ」、といって扇風機を出してくれました(笑)


彼のグランマ(多分)がオレに一生懸命話しかけるのですが、歯が無い上にラオ語なのでオレはずーっとポカーン。
向こうは「あら、言ってる事わかんないかい?」状態。


グランマと部屋と扇風機
グランマと部屋と扇風機 写真


そんな感じでオレが固まっていると彼がまたもや「辛いの大丈夫か?」と聞いてきました。「なんで?」と答えると「ソムタムを作る」という言うじゃありませんか!
ラオスの一般家庭でソムタムを食べる事が出来るとは。これは嬉しい。もちろん「あんまり辛くしないで」と言いました。


ソムタムを作っている様子
ソムタムを作っている様子 写真


手際よくちゃちゃっと作られたソムタムと買ってきた惣菜を皿にのせてランチの準備が完了したようです。

オレの大好きな「カオ・ニャオ」も特大の籠で登場。コレにはテンションあがりました。
ただ、籠の中にはちっちゃいアリがいましたけどね・・・・。まぁ見なかった事にしました。


自腹の惣菜は別にしても、量、質ともにかなりのもてなしだったんじゃないかと思います。彼もいくつかの料理を指さして「これはお客さん用なんだよ」って言ってました。そのうちのひとつはバナナでしたが。


何故かみんなが集まってこなかったので彼と2人で食事を始めました。
既に昼食が済んだあとなのかオレ達が食べ終わってからゆっくり、って感じだったのかは不明。後者なら気を遣わせてしまいました。


下の3枚の写真がこれがその時のランチ。
上・買ってきた惣菜とバナナ
中・プレーンソムタム
下・カオニャオ特盛り(笑)

ラオスの一般家庭でランチ 写真

プレーン・ソムタム 写真

特盛りカオ・ニャオ 写真


食べ方はカオ・ニャオを手で小さく丸め、おかずを少しつまんで一緒に口の中へ、っていうスタイル。とりあえず、カオ・ニャオが美味過ぎました・・・
毎日食いたいと思えるほど。

ソムタムも買ってきた惣菜もカオ・ニャオに合うモノばかりで、ついつい腹いっぱい食ってしまいました。そして香菜がたっぷり使われていたのでかなーり満足できました。(札幌で食べるアジア料理はあんまり香菜が入っていないので物足りない)

辛くしないで、ってお願いした料理はまずまずの辛さでした(笑)。カオ・ニャオなしだとツラかったかも。


すっかり満腹になってボケーッとしていたら、枕を持ってきてくれて「眠かったらそこで昼寝していいよ」と言われましたが、そこまで神経は太くないので「大丈夫、大丈夫」とだけ言っておきました。眠そうに見えたんだろうか。


腹ごなしに家のまわりをウロウロしていたらなんと・・・・・


家の真裏がメコン! おおおおおおお。
家の裏がメコン! 写真


そうしたら彼がやって来て「姉さんと一緒に畑仕事やってみるか?やってるとこ写真に撮るよ」と言ってくれたのですが、「暑いからムリ」(マジで)と答えたら笑ってました。

その後は庭でデコボコのミカン(マクー)拾いを手伝い(持って帰ってシャンプーにするって言ってた)、みなさまにお礼を言い帰路へ。


彼がホテルのそばまで送ってくれたので、約束のガイド料を払いそこで解散。彼はナチュラルに行動してただけだと思うんですが、貴重な体験をさせてくれてありがとう、と心から思いました。
こういうのって望んでもなかなか体験出来るものじゃないし、ましてやお金を払えばってものでもないから。
そういえば、彼の名前は「トゥッ」。呼びづらいったらありゃしませんでした。「トッ」って呼んでも振り向いたので「トッ」かもしれません。



ホテルに戻って鏡を見たら顔が日焼けで真っ赤になってました。特に鼻はもげそうなくらい赤かったです。どうりでフロントのヤツらが笑ってたわけだ。



帰りに舟乗り場で撮った一枚。すっげーいい笑顔
チャムパサックの舟乗り場にて 写真


Comment

  • たけやま ( 27 Oct 2009 00:27 )

    また遅ればせながらの登場ですが、
    食べてみたいです。カオニャオ。
    今度是非。
    多分絶対私の好きな味だと思います。

    Re:

    みぎかた ( 29 Oct 2009 08:38 )

    どもども。
    ですね、絶対に好きな味だと思いますよ。と勝手に言ってみます。
    教授に連れられて行ってボーッとしてた時は食べなかったんですね!!(笑)

  • たけやま ( 18 Oct 2009 22:10 )

    いい体験ですねー。なかなかできないですよね。

    カオニャオって食べたことないんですけど、
    もち米みたいな感じですか?
    全然ちがうのかな?
    見た感じ「米」なんですが。

    Re:

    みぎかた ( 19 Oct 2009 23:22 )

    カオニャオはモチ米なんだけど、日本のとは全然違ってなんと言ったらいいか・・・・
    もちっとしてるんだけど粘らないというかなんというか。うーん上手に説明できない。
    札幌のタイ料理屋にもありますよ。「百聞は一食にしかず」なので今度試してみますか?
    ソムタムと一緒に食べると最高です。ビールもあると天国です。

  • maya ( 11 Oct 2009 20:35 )

    んーいいですね!

    心に残る旅ですね、そして美味しそう・・・

    Re:

    みぎかた ( 12 Oct 2009 18:26 )

    家に連れて行かれた時は緊張しましたよ。
    友達の実家にすら行ったことないのに(笑)

    食事はめちゃくちゃ美味しかったです!
    アジア飯最高!

  • Yoko ( 10 Oct 2009 23:59 )

    すっごいいい経験ですよね!!!
    現地の人の家に上がりこむってのは。
    うらやましい経験です。

    Re:

    みぎかた ( 12 Oct 2009 18:23 )

    流れでこうなってしまいましたが、いい経験が出来ました。
    ただ、アウェイ感たっぷりでしたよ(笑)

  • シンシア ( 10 Oct 2009 11:47 )

    カオニャオってほんとおいしいよね。
    イーサン料理最♪

    大阪にはこないのですか?
    なおこんさんとお待ちしてます^-^
    みんなでご飯たべようよぉww

    Re:

    みぎかた ( 10 Oct 2009 13:17 )

    久しぶり!
    カオニャオ美味しいよね。本当に毎日食べたい。

    大阪ねー。NEW甲子園に阪神の応援しに行きたいんだけど、なかなか都合が。
    といいつつアジアには行ってるんだけど(笑)
    オレもみんなとメシ食いに行きたいです。

  • なおこん ( 09 Oct 2009 20:38 )

    あたしも赤鼻さんみたい。

    メコンキレイ♪

    Re:

    みぎかた ( 10 Oct 2009 13:09 )

    赤鼻写真はないよ(笑)

    今回初メコンだったけど日程的に堪能できなかったので、来年以降リベンジします。
    出来るかな?

  • りか ( 09 Oct 2009 10:30 )

    カオニャオって食べたことないのですが、
    読んでてめっちゃ食べたくなりました!!!!

    良い体験、良い出会い!
    それを呼び寄せるのも人柄ですよね~~。

    赤鼻の画像は!?(¬ー¬)

    Re:

    みぎかた ( 10 Oct 2009 13:06 )

    カオニャオは日本のタイ料理屋さんでも食べる事が出来ますよ!
    でも、あったとしても高い。

    赤鼻の画像はありません(笑)

    基本的に一人でブラブラしていたいので「存在感なくそーっと旅行している」つもりなんですが、今回はこんな事になってしまいました。

コメントの受付は終了しました

このページの先頭へ


Entry List

2009年 イサーンとラオス

Comments


| Home | Not Daily Diary | Travel | Labo | Contact | Profile |

Copyright© 2002-2018 migikata-agari.com , All Rights Reserved. | POWERED BY MOVABLE TYPE®