website 右肩上がり


Not Daily Diary - Individual Archive -

Home > Not Daily Diary > Individual Archive

オランデーズソース

コメント (4)  >

最近、簡単なのに美味しいソースの作り方を覚えたので多用してます。
「オランデーズソース」というソースで、卵黄、レモン汁、白ワイン、塩を湯せんにかけながらもったりするまで泡立てて、そこに澄ましバターを少しずつ加えながらかき混ぜて仕上げるという手間のかからないソース。

写真は、オランデーズソースを合わせたアボカドとシュリンプと刻みトマトのサラダ。本当はエッグベネディクトという食べ物やホワイトアスパラに使う事が多いみたいですが、アボカドとかブロッコリーなんかと相性がいいと思います。少し固めに茹でたカリフラワーなんかにも合いそうです。
ソース自体は空気を含んでふんわりしているんだけど、バターが舌に絡みつつレモンの風味でさっぱりしているという初めて食べると不思議な味。マヨネーズ好きなら絶対に気に入るんじゃないかな?

オランデーズソースを使ったサラダ 写真

海外ドラマを見ていたら「このお店のエッグベネディクトは云々・・・・」という話が出てきて、「エッグベネディクトってなんだ?」と思い調べてみたらオランデーズソースに出会いました。ソース作りは面倒ってイメージがあったんだけど、コイツに関してはコツさえわかれば簡単。
ただ、レストランとかダイナーで食べてみた事がないので正解に近いのかはわかりませんが・・・・・

レシピは、

  • 材料A
    • 卵黄:1個分
    • レモン汁:小さじ1〜2
    • 白ワイン:大さじ1
    • 塩:少々
  • 材料B
    • すましバター:30g

材料Aを混ぜ合わせて、湯せんにかけながら泡立てる。一気に温めてしまうとダマになるのでそこだけ気をつければまず失敗しないかと。YouTubeにたくさん実例がアップされているので参考にするとイメージがつかみやすいです。
先に混ぜ合わせた分がもったりしてきたら湯せんから外してすましバターを少しずつ加えて泡立て器で混ぜ合わせていきます。全体がキッチリ乳化すればOK。手際よくやれば10分くらいで出来ちゃいます。
温かいソースなので一回で使い切るのがいいです。さっぱり目にしたい時はレモン汁多め、こってりにしたい時は少なめにするってアレンジもありです。

この日は近所の「Asie Bagel」さんのベーグルを一緒に食べました。プレーン、アレンジ、トッピング、サンドイッチのどれもが美味しいベーグル屋さんです。超オススメ。

プレーンとアンチョビ・チーズのベーグルにサラダをセット
Asie Bagelさんのベーグル 写真

Comment

  • Yoko ( 11 Jan 2011 23:06 )

    おいしそうですね!!
    まるでシェフですね♪

    Re:

    みぎかた ( 12 Jan 2011 09:16 )

    美味しいですよ〜。ぜひお試しあれ。マヨネーズが苦手ならダメかも、ですけど。
    シェフというほどではありません。下準備もほとんど必要ないし・・・・・

  • なおこん ( 11 Jan 2011 04:02 )

    すましバターとはなんですか?
    美味しそう。

    Re:

    みぎかた ( 12 Jan 2011 09:15 )

    溶かしたバターの上澄みを取り除いてから濾したものだよ!より純粋なバターになるんだって。
    オレはめんどくさいから「湯煎して溶かしたバター」を使ってるけど。
    まぁお客さんに出すわけじゃないし、アメリカ人とかイギリス人が家庭でそこまできちんとやっているとは思えないからOK。

コメントの受付は終了しました

このページの先頭へ



| Home | Not Daily Diary | Travel | Labo | Contact | Profile |

Copyright© 2002-2018 migikata-agari.com , All Rights Reserved. | POWERED BY MOVABLE TYPE®