website 右肩上がり


Not Daily Diary - Individual Archive -

Home > Not Daily Diary > Individual Archive

暑さ、ハンガーノック対策ジョグとインソール作成

コメント (4)  >

熱中症、ハンガーノック対策グッズ的なモノを色々と買ったのでそのお話を。

購入したのは、カーボショッツ(補給食)とアスリートソルト(塩分補給)。そしてウエストポーチとフラスク。


補給食は梅丹本舗のサイクルチャージと迷ったんですが、今回は手に入りやすいカーボショッツを選択。白石秀岳荘にて一個252円。正直お安くはありません。

(どちらも血糖値の急激な上昇を引き起こさずに手軽にエネルギー摂取が出来る優れた補給食)


カーボショッツ 写真


ワンショットで120kcal弱のエネルギー摂取が出来ます。

写真はワイルドビーン(コーヒー味)ですが、コーラとワイルドベリーも試してみました。

とりあえず、少し長めの距離で複数回実験。

  • 8/2 --- 30km
    6月後半から足底筋膜炎が直らず7月は全然走っていなかったので30km走はキツ過ぎてハンガーノック以前に心が何度も折れました。正直、20km以降はただ足を前に出していた感じ。足裏も痛かった
  • 8/8 --- 20km
    暑さ慣れするために「シャツ3枚重ね、キャップなし」(←アホ)で正午過ぎ(27℃くらい)に走ったら意識が朦朧として死ぬかと思いました。初めて練習中に歩いてしまうという失態も。熱中症疑似体験。途中、陽炎の向こう側にラクダと井戸が見えました・・・
  • 8/14 --- 21km
    距離への耐性が戻ってきたのか調子よく走れた。マイボトルでこまめに水分補給したのが良かったのかと

って感じで走ってみました。



まず、カーボショッツ。正直、「効いているのかなぁ」という感じ(笑)

でもこれは補給食の性能に問題があるのではなく走った距離が短かったからなんですよね。

短い距離でもスピードを上げて走ればそれなりにエネルギーの枯渇は起こるんですけど、オレのレベルだと「その前に足が終わる」ので、ちょっとやってみる気にはなりません。

経験上、自分がハンガーノック寸前になるのは30km以降なので実際にフルで試してみないと本当の効き目はわからんです。

最初はパッケージから直接飲んでみたんですけど、飲みづらいし手もベタベタになったのでフラスクを買い足しました。フラスクからだと非常にスムーズに飲むことが出来ます。


後から買い足したフラスク。走りながら飲むなら必需品かと

カーボショッツとフラスク 写真


味はどれも大差ない感じ。実際に大会で使うとしたらコーラかワイルドビーンかな。

カロリー的には10km毎に1ショットくらいでいいような気はしますが、固形物を胃袋に入れると安心するので(笑)、アミノバイタルのクッキーとかソイジョイなんかも併用します。

給食ありの大会だったらこんな心配は無用なんですけどね。




アスリートソルトは効くとか効かないとか以前に、大量に汗をかく夏場には必須だと思います。

なぜなら大量に汗をかいて体から塩分(ナトリウム)やミネラルが出てしまうと、いくら水を飲んでも体内に水分を捕まえておくことが出来なくなるからです。てか、水だけだと浸透圧の関係で吸収すらされません。最悪、水を飲んでいるのにも関わらず脱水症状が起きます。(スポーツドリンクならOK)

脱水症状が起きると汗が出なくなるので、体温調節が出来なくなり状況によっては熱中症(色々段階はあるけど)ではいサヨウナラ、というパターン。

薄めたスポーツドリンクに適量の天然塩を混ぜたものを持って走ることが出来れば文句なしだとは思うんですが、実際にはムリなのでこの様なタブレット状の塩を使います。


こいつも白石秀岳荘で購入

アスリートソルト 写真


ただコイツの適量がわからないんですよね。

自分が走っているときにかく汗の総量がわからないのでどの程度ミネラルを補給してやればいいのかが計算できないんです。それに水分補給時に必要な塩分量も諸説あるようで・・・・。胃腸の強い弱いもあるようだし。普段なら吸収できてもスポーツ中だと内蔵が弱ってダメってパターンもあるとかないとか。


そういえば、プロツール(自転車)を走るような選手たちは、レース中に普通に飲み食い出来るような強い内蔵を持っているそうです。確かにツールドフランスを見ていたらひっきりなしに食べてましたからね。カロリー摂取のためにコーラ飲んでる選手もいたし。


とりあえず、夏場に欲しくなる「距離あたりの水の量」はなんとなくわかってきたので、そっから割り出すしてみることにします。

タブレットということで吸収に時間がかかりそうなので前半からこまめに摂取した方が良さそうです。




最後に、左足のアーチが崩れて足裏が大変なことになっているのでインソールを作成しました。

悲しいことにもともと扁平足なんですが、アーチがつぶれてさらにひどくなっていることが足形測定で判明・・・・・。

札幌にアスリートクラブというシューズ専門店があったのでそこにお願いしました。


アスリートじゃないんですけど。


指が使えていないので足裏のバランスが悪いという指摘をされて凹んだんですが、インソールである程度正しい状態に誘導できるし、

  • 腓腹筋のストレッチをして足首を柔らかくする
  • 足指を開く練習をする

を行えば指が使えるようになって足裏の安定感が増し、崩れたアーチも徐々に戻ってくるとアドバイスを受けました。

なので、日々足首のストレッチをしてます。

いずれスムース・クリミナルのゼロ・グラヴィティが出来るようになるかも(笑)


インソール完成後に初めて走ったときはシューズが硬く重たく感じて「ひょっとしたら自分には合わないかも」って感じたんですが、2回目以降のジョグから様子が変わってきました。


使ってるうちに半端じゃないくらい馴染むんです。このインソール。

ベースはかなりコシのある堅めの素材なんですが、その上の層が柔らかくて自分の足の形に潰れる、というか沈み込んでくるのでまんべんなく足裏を支えてくれるんですよ。


アスリートクラブ制作インソール 写真


ちなみにお値段は8,925円。入門用のシューズが買える金額です。

正直、お高いのでかなり悩みましたが、練習しつつも症状を悪化させない様に出来るんじゃないかと考え思い切って作成依頼。

幸いサイズは合っていたのでシューズを買い直す羽目にはなりませんでした。


実際に使ってみて違和感があれば無料で修正可能と言われましたが、今のところ問題なしですね。

もう純正のインソールには戻れない気がします。


これに足裏テーピングを併用すればフル完走は問題ないと思います。。

ハーフのタイムを縮めるのはちょっとムリっぽいかなぁ。




てか、そろそろやめようと思っているのに、なんでこんなに色々揃えたり試してるんだろう、オレは。

前のエントリー : 
次のエントリー : 

Comment

  • なおこん ( 15 Aug 2009 22:44 )

    最後に確認したい言葉がありました。
    どうしたの?
    やっぱり2010東京マラソン出場ですか?エントリーしてたりして...。w

    Re:

    みぎかた ( 16 Aug 2009 06:30 )

    さて、どうしたんでしょう。オレ(笑)
    東京マラソン2010は一応、応募しました。
    でも2月開催だから当選してもムリかなー。札幌だと外で調整できないから。
    まぁクジ運試しの応募みたいな感じです。
    で、ホノルルは?、と返してみる。
    *
    ようかんパンってようかんロールの事かな。ひょっとして。

  • maya ( 15 Aug 2009 22:38 )

    *暑中お見舞い申し上げます*

    アイテムが着々と揃ってますね!

    宮古のアスリートソルト気になります
    私はアスリートどころかダイエットで走らなきゃと日々思ってるんですけど、台湾の暑さで走ると間違いなく熱中症になります><

    しかもサウナのような気温で生活しているのに日々重たくなってる・・・
    この脂肪スーツを脱いで軽やかになってみたいと思う毎日ですよ~

    ところで、今年のタイのご予定は??

    Re:

    みぎかた ( 16 Aug 2009 06:26 )

    どうも。久しぶりです。
    あんまりニュース見ないから知らなかったんですけど、台湾はなにやら大変なことになっているようで。

    ちなみに、今年は9月の大型連休に有給をぶつけてタイに行きます。
    田舎の方に行く予定です。
    あわよくばラオスもチラ見して来ようかと。
    てな感じですよ。

コメントの受付は終了しました

このページの先頭へ



| Home | Not Daily Diary | Travel | Labo | Contact | Profile |

Copyright© 2002-2018 migikata-agari.com , All Rights Reserved. | POWERED BY MOVABLE TYPE®