website 右肩上がり


Not Daily Diary - Individual Archive -

Home > Not Daily Diary > Individual Archive

ありがとう Tour De France 2009

コメントする  >

全21ステージ、総行程約3500km。

ツール・ド・フランス 2009が終了。


まずは新城、別府の両選手おめでとう!!

ツールで日本人が完走するだけでも快挙なのにシャンゼリゼで逃げから先頭グループを数周引いた別府には驚きました。最終日に素晴らしいものを見せてもらいました。

テレビの解説者が「あわわわわ」って感じだったので思わず笑ってしまいましたよ。


新城の第2ステージ5位にも驚きましたけどね。

最初はスプリントポイントの順位か何かかと思っていたらステージ5位。

誤報かとも思いましたが本当にステージ5位。


2人とも初出場なのに・・・・・。凄い、という言葉以外見つかりません。


昨年大人の事情で導入されたCATVのおかげで今年はツール・ド・フランスのライブ放送を見る事が出来ました。びっちりとツールを観戦したのは初めてです。

というか今まで見ることの出来る環境がなかったんですが・・・・


大事なステージはJ SPORTS PLUS(有料で1365円)でのみ放送という状況だったのできっちりオプション追加しましたよ。

連日深夜に及ぶ放送だったので何度も落車しましたけど(笑)


最終日序盤の和やかなシーン。テレビの画面をデジカメで撮影するという暴挙。

Le Tour De France 2009 Image



今回のツールはランス復帰効果なのか、メディアと観客がかなり盛り上がってましたね。

来年は自分のチーム(スポンサーはRadio Shack)を作って参戦するそうなのでさらに盛り上がるんでしょうか。

個人的にはあまり好きな選手じゃないんですが、2005年にツール7連覇を達成したあと一度引退しておきながら4年ぶりに復帰してまさかの総合3位で表彰台。

しかも来年(2010)は自分のチームを率いて総合1位を狙うと明言。アラフォーなのにとんでもない人です。




それにしてもコンタドールは何であんなに強いんですかね。

ぱっと見は小柄な細めの兄ちゃんなのに登りが強くてしかもスプリントもOK。

(第18ステージのTTはオレがソファーで落車してしまったのでステージ優勝を見逃してしまいました・・・ )


チームへの気配りは完璧、メディアへの発言もきちんとこなす、とみんなに愛される王者になれる素質十分だと思うのでこれからも勝ち続けて欲しいです。


しかし参加するグランツールでことごとく優勝、ってどんだけポテンシャル高いんだ。

がむしゃらにぐいぐいと漕いでいる感じはないんですけどねー


まさか今年のブエルタも勝ってしまうんだろうか・・・・・

そんなことになったら強すぎる!って叩かれそうな気がしますけど。あのキャラなら問題なしかな?


そういえば解説者が「来年はアロンソが作るチームに加わるらしいですよ」なんて言ってましたが、果たしてどうなることやら。


Le Tour De France 2009 Image




ツールをまともに全部見たのは今回が初めてだったので選手やチームの名前を覚えるのが大変でした。

当然、ヨーロッパ系の選手が多いので名前を覚えにくくて相当やられましたよ。

ペッリゾッティとかノチェンティーニとかカンチェラーラとかの有名どころを覚えるので精一杯。

あと、何故かガーミンとラボバンクのユニフォームをしょっちゅう見間違えました。並べてみると全然似てないんですけどね。


ラボバンクといえば、第20ステージのモン・ヴァントゥーでガラーテがステージ優勝を決めてくれたのはGIANT乗りとしては嬉しかったです。(乗ってるのは安物MTBですけど)

2年契約でバイクの供給を行うとの話なので、来年のツールもGIANTの活躍を見ることが出来そうです。


今、来春に向けてロードバイクを物色中なんですけど(ツールを見たからではないですよ)、ラボバンクカラーのGIANTなんて格好いいかも、と思い調べたところお値段もかなりいいという事がわかったので素直にFCR2あたりにしようと考えてます(笑)



見所満載で連日サプライズありまくりだったんですけど、印象に残っているのは第7ステージと第17ステージ。


第7ステージはツール初参戦(というかプロ一年目)のフェイユーが初優勝を長時間の逃げで決めたのを見て鳥肌が立ちました。ダレもがあの逃げは失敗すると思っていたはずです。

あんな勝ち方をされると今後が楽しみです。

あと、この日はコンタドールが猛然とアタックをかけてマイヨ・ジョーヌを取りに行く姿勢を見せるという大きな流れも生まれました。


第17ステージは緑色の応援グッズを持った観衆をかき分けるように突き進んでいったフースホフト(マイヨ・ヴェール)が一人旅で逃げながらポイントを稼ぎまくり「してやったり」って表情だったのが印象的でした。




さて、来年のツール2010はオランダのロッテルダムスタート。

日本人選手が活躍し再度完走してくれる事を期待します。

Comment

コメントはありません

コメントの受付は終了しました

このページの先頭へ



| Home | Not Daily Diary | Travel | Labo | Contact | Profile |

Copyright© 2002-2019 migikata-agari.com , All Rights Reserved. | POWERED BY MOVABLE TYPE®