website 右肩上がり


Not Daily Diary - Individual Archive -

Home > Not Daily Diary > Individual Archive

札幌でシンガポール料理

コメントする  >

4/25(土)、友人とシンガポール料理の店に行ってみました。


場所は狸小路7丁目、お店の名前は「新加披酒楼 KOPITIAM」。


新加披酒楼 KOPITIAM 写真


店内が赤を基調に照明が暗めというデジカメ殺しな環境だったので写真がひどい事になってます(笑)

フラッシュを使うと飛ぶし、使わないとブレるし・・・。メシ食いに行くのに三脚持ってたりはしないのでしゃーないですね。


19時頃に行ったんですが、給料日あとの週末の晩メシ時とあってほぼ満席でした。

その後もうまく回転していたので繁盛店なのでしょう。


メニューは比較的豊富な方だと思います。特にドリンクのメニューが充実していましたね。

この手の店にしてはビールが良心的な価格設定でした。


KOPITIAM タイガービール 写真


札幌のアジア料理店だと、「シンハー(小瓶)」とか「333(缶)」とか「タイガー(小瓶)」が750円というステキな価格で提供されていたりするんですが、ここでは小瓶のタイガーが550円でした。

これはうれしい。


で、料理の方はというと美味しい部類に入ると思います。

シンガポールは乗り継ぎで一泊した事があるだけなので大きな事は言えないのですが、代表的な料理はどれを頼んでも外さない気がします。


量も値段から考えるとちょっと多めに盛られているので、コストパフォーマンスも高いかな、って感じです。ここら辺は人によって印象が変わってくるとは思いますが。


今回は男2人だったので「なんとなく肉々したメニューを多めに注文してしまった」のですが(笑)、次回は野菜や麺料理を主体に攻めてみようかと思います。

自炊の時はベジタリアンを心がけているのですが、外食になるとそこら辺のストッパーがあっさり外れてしまいます。ダメダメです。


ハイナンチキン(海南鶏)

KOPITIAM ハイナンチキン 写真



空心菜と鶏肉の炒め物

KOPITIAM 空心菜と鶏肉の炒め物 写真



あと、写真はないのですがバクテーも非常に美味でした。


札幌にしてはまともな料金設定のアジア料理店な気がするのでちょくちょく行く事になりそうです。



そういえば歌姫らしき方の生歌(カラオケ)の時間があったのですが、どうにもこうにも「ジェンダーがノーアイディア」な感じ。

姿形はFemaleだったんですが・・・・・。どうも違うような・・・(結局未確認)



あと、この日は1件目と2件目のはざまに久々にバッティングセンターへ行ってしまいました。

ジムでこまめに筋トレしているにもかかわらず左脇腹が痛いのは気のせい?


すすきの スラッガーズ 写真



ちなみに2件目はカウンターのみのお店「立ち呑み ちゃぼ」。

焼酎メインの店なのにシンハーがあったので思わず飲んじまいました。

写真は黒糖焼酎。銘柄は失念。


立ち呑み ちゃぼ 焼酎茶碗の写真


ちなみに焼酎もビールもセルフサーブという素敵なお店です。

次のエントリー : 

Comment

コメントはありません

コメントの受付は終了しました

このページの先頭へ



| Home | Not Daily Diary | Travel | Labo | Contact | Profile |

Copyright© 2002-2019 migikata-agari.com , All Rights Reserved. | POWERED BY MOVABLE TYPE®