website 右肩上がり


Not Daily Diary - Individual Archive -

Home > Not Daily Diary > Individual Archive

12月にあった楽しいこと

コメントする  >

今日から旅行なのでコレが一番の楽しみといえばそうなんだけど、その他にも色々とイベントがあったのでそれについて。



まず、12月5日にZEPP SAPPOROで行われたThe Modsのライブ。

一昨年(確か)のRSR以来だったのでかなり楽しみにしてました。

全席指定でイス席という珍しい形式だったんですが、結局イスに座って見ている人なんか誰もいませんでした(笑)


写真

やっている本人たちも、そして観客もかなりいいトシになってしまったので、場内はいろんな意味でハイエンドな感じ(?)でした。まわりに比べるとオレは比較的若い方だった気がします。

今回はスカジャンを着ていったんですが、まわりもレザーかデニムもしくはスカジャンという出で立ち方々ばかりでなかなか独特の雰囲気でした。


前半はメンバーも座りで演奏。森山曰く「この形式でやるのは今回が初めてで最後」

新しいアルバム、古いアルバムから曲を拾いながら時間が進んでいきました。

途中からはメンバーも煮え切らなかったのかイスを片付けいつものスタイルに。

ラストに近づいた頃、待ちに待ったTwo Punks。オレの中でかなり名曲です。何度聞いても切なくなります。


都合2回のアンコールの後、ライブは終了。フェスと違ってダイブやモッシュがなかったのでゆったりと聴くことができました。

ドラマーのシュウもなかなか検討していたので正式メンバーになるのは時間の問題でしょう。



そして12月27日は鳥肌実の時局講演会「皇紀弐千六百六拾八年 天照大演説」に行ってきました。

会場はまさかの「札幌市教育文化会館」。よかったんですかね。


写真

先行予約でチケを買ったので一階席を取ることができたんですが、かなり後ろの方の席でした。

客層は幅広すぎて説明のしようもありませんが、前回と同様女性が多かった気がします。


太秦で撮影したようなプロモーションスライドショー(?)からスタートし、鳥肌氏が旗を振りながら入場。

いつも通りビールケースの上で夏江ネタを披露した後、本編へ突入。


今回は本人も申しておりましたがかなり「尻すぼみ感」が強かったです(笑)

もしあれが尻すぼみ芸、という芸風ならある意味すごいかもしれません。


本編ではいつものごとく、創価と共産党のアカどもと自民党の売国奴どもをバッタバッタと斬っておりました。ただ天照大演説ツアー最後の地だったせいか若干疲れているように見えました。

今回は下ネタに走ることが多かった気が。っていつもの事か。


そういえば前回の講演で買いそびれた潔白ロンTをゲトしてしまいました。

いつどこで着ればいいのかは不明。


写真



あ、あと東京マラソン2009のエントリーフィーをクレジットカードで入金しました。

ついでに飛行機も予約してホテルも確保。

浅草雷門の前をそよ風のごとく駆け抜ける準備

はこれで整いました。

が、12月の走行距離は120km程度にとどまってしまいました・・・・

150km/月以上走るっていうのはなかなか出来ないもんですね。


多分、35km地点を過ぎたらまた泣きそうになるとは思いますが、実は結構楽しみにしています。


というわけで2008年もコレにて終了。

これから仁川経由でプノンペンに飛びます。

次のエントリー : 

Comment

コメントはありません

コメントの受付は終了しました

このページの先頭へ



| Home | Not Daily Diary | Travel | Labo | Contact | Profile |

Copyright© 2002-2019 migikata-agari.com , All Rights Reserved. | POWERED BY MOVABLE TYPE®